通信教育クラス・コース 

秋学期より、授業料が新価格となります

アウェアネスベーシック 通信教育クラス

アウェアネスベーシック 通信教育クラス(3ヶ月)

 

このクラスは、主にアウェアネス&ミディアムシップクラスとヒーリングコース参加者のために用意されたクラスです。

この通信クラスでは、アウェアネスのテキストの項目を勉強します。

瞑想はできるかぎり各自で行なっていただきます。

 

アイイス講師による誘導瞑想用の音源が無料で提供されます。

(YouTubeの特設チャンネルよりお聴きいただきます)

 

最終試験に合格した生徒だけが、アウェアネス&ミディアムシップクラス(東京以外のクラスと通信を除く)およびヒーリングコースに進むことができます。

 

アウェアネスベーシッククラスは一学期(3か月)完結です。

 

※2017年1月より適用:ヒーリングコースを受講される方で、アウェアネス&ミディアムシップ通信講座の一年生を終了した時点で筆記試験(試験料1,000円)をお申し込みいただき、合格した場合はベーシック通信をお受けになる必要はありません。

 

受講資格:アイイス会員ならどなたでも受講いただけます。

 

通信手段:メール(ワード添付メールの送受信あり)または郵便

 

開催期間:2019年9月〜11月 (9月初旬に担当講師よりメールまたは郵便にて、第一回目の課題が配布されます)

1学期(およそ3ヶ月間)で6回の通信課題 

 

料金:メール受講:22,000円     郵便受講:28,000円

 

テキスト:アウェアネステキスト8冊 4,400円(別途送料)

(お申込みと同時にテキスト8冊のご購入が必要となります。)

10月よりテキストの価格が改正になります。

 

担当講師:メール:開堂慈寛・森 梢   郵便:広瀬洋子

  

※テキストを既にお持ちの方は「テキストなし」をご選択ください。

※テキストを8冊セット以外、一冊単位でご購入される場合IISショップにてお願いします。

 

《注意》

海外からのお申し込みにつきましては、送料を別途計算させていただきますので、メールにてまずはご相談ください。

¥22,000
カートに追加
  • 在庫あり

アウェアネス&ミディアムシップ・通信教育コース 2学期目

アウェアネス&ミディアムシップ通信教育コース 初級クラス/中級クラス /上級クラス 2学期目

 

・夏学期に初級クラス1学期を終了された方→ 初級クラス2学期

・夏学期に中級クラス1学期を終了された方→ 中級クラス2学期

・夏学期に上級クラスをご受講されていた方→ 上級クラス

 

 

このコースは、時間をかけてじっくりと自分と向き合い、自分の霊性に気づき、霊性の開花を目指そうとする方のために設けられたものです。

何らかの理由で直接クラスに参加できない方は、ぜひ通信コースをご利用下さい。

1年目の課題を満たし、一定の成績を修めた生徒のみが2年目の中級へ進級できます。

ただし、進級する自信がない方やご希望があれば、初級・中級クラスを繰り返して受講することが可能です。

 

中級クラスに進まれた生徒は、通信以外のアウェアネス&ミディアムシップクラス、または勉強会に参加していない場合、東京、大阪、そのほかの 地方で年に何回か開催されるアウェアネスのワークショップ(最低2時間以上)に、最低2回参加して、そのリポート(400字以内)を翌年の3月末日までに提出するか、追加の課題を申込み、提出しなければなりません。

 

2年間の受講を終え、中級クラスを卒業された生徒は、上級クラスに進むことができます。上級クラスでは、実習だけの課題が出され、無期限での在籍が可能です。そして、講師が実力十分とみなした方は、アイイスのミディアム認定試験を受けることが可能となります。また、講師の推薦がなくても、自信がある生徒は、アイイスのミディアム認定試験を受けることが可能です。            

 

 

◆担当講師:
メール受講:開堂 慈寛

郵便受講:広瀬 洋子

 

受講料:

【初級クラス及び中級クラス】
・メール受講 24,000円
・郵便受講 30,000円

 

【上級クラス】
・メール受講(教材なし)¥14,000

・郵便受講(教材なし)¥20,000

 

 

【 おもなカリキュラム 】 

初級クラス:
スピリチュアリズムの歴史や基礎など様々なテーマの勉強/スピリチュアリズム関係の本の読書/瞑想の基礎/ガーヤトリーマントラのマスター/様々なリーディング(実習)/サイコメトリー(実習)


【テーマの例(一部)】

スピリチュアリズムの7つの信条/近代スピリチュアリズムの歴史/魂の旅/スピリチュアリストの人生観/オーラ/チャクラ/ホリズム/読書と真実/宇宙の法則「類は友を呼ぶ」と最強の自己防御法/指導霊とハイヤーセルフ (Sprit Guide and Higher Self) /会話/お金/ケミカライゼーション/お墓の意味/レイラインとエネルギースポット/酒とタバコと麻薬/菜食主義/ソールメイト/感情霊媒(スピリチュアルヒーリング、サイコメトリー、オーリックリーディング、リボンリーディング、フラワーリーディング、オーラグラフ)/知的霊媒(霊視、霊聴、霊感、スピリットライティング、サイキックドローイング)



中級クラス:
世界の宗教のリサーチ/1年目に勉強した様々なテーマの復習/その他のテーマの勉強/アウェアネスのワークショップ(実習)/様々なリーディングの実習
【その他のテーマの例(一部)】
サタンと神を試すこと/スピリットコミュニケーション(霊界通信)/霊の混合/タパス/性的条件/無の境地/霊界の年齢/ミディアムシップの目的と注意点/ミディアムシップの手順/帰還の方法/霊界とスピリットコミュニケーションの実態/子供を亡くした親/水子の霊/チャクラ・ビージャ・マントラとシュリー・ウィッディヤー・マントラ/想像と創造性/ヒンズー教の三位一体/悟りへの道と神との対話

 

・カリキュラムには、サイコメトリーなどのリーディングの実習も含まれています。また、中級クラス年生に進まれた生徒は、通信以外のアウェアネス&ミディアムシップクラス、または勉強会に参加していない場合、東京、大阪、そのほかの地方で年に何回か開催されるアウェアネスのワークショップ(最低2時間以上)に、最低2回参加して、そのリポート(400字以内)を翌年の年3月末日までに提出するか、追加の課題を申込み、提出しなければなりません。

 

・テキストは、常に進化し続ける現在のスピリチュアリズムの世界を反映して、既存のテキストに開堂講師が最新の情報を付け加えて、随時、少量ずつお渡しします。

 

・生徒は月に2回、講師と連絡を取り合いながら、定期的にテキスト/瞑想用または教材CDの他、アドバイスや学習すべきテーマ、読書、論文、生活内の変化に関するリポートの課題を受け取り、それについて報告する形で授業を進めていきますが、基本的には各自で霊性の開花に挑むことになります。

 

・生徒は、月2回の連絡の際、自分の霊性開花または霊性開花やスピリチュアリズム一般についての疑問や質問がある場合は質問ができ、講師から質問に関しての回答やアドバイスを行います。 (但し、必ずしも生徒が期待する回答が返ってくるとは限りませんので前もってご了承ください。これは、ある種の質問は、自分で瞑想中に自分の指導霊やハイヤーセルフ(もしくは魂)に聞くべきであり、自分で答えを発見しなければならないからです。何でも講師や霊媒に回答を求めて自分では努力しないようでは、霊的な進歩は望めません。)

 

・講師は、メールなどを通して生徒の個人的なリーディングや悩みなどを聞くカウンセリングは一切行いません。講師はあくまで案内役であり、生徒は各自、自分の中に存在するそれぞれの自分の永遠の先生である指導霊や神を発見し、彼らとのコミュニケーションに努めたり、各々の霊性を認識することを目指さなければいけません。

 

 

上級クラス:

主に1学期に6回の実習のみで、レポート提出や教材を読んだ感想の提出はありません。

 

実習の中には、サイコメトリー、オーリックリーディング、インスピレーショナル・ライティング、先祖霊のリーディング、指導霊のリーディング、過去世のリーディング、ハイヤーセルフのリーディングなどの、様々なリーディングが含まれます。

 

過去にアイイスの通信教育を受講して、コースを修了していて認定証を取得している方も、上級クラスに参加可能です。

 

上級クラスは、初級と中級の学科試験に合格している方のみ受講可能です。

 

学科試験は制限時間1時間で、テキストのAG(全て)の範囲からマルバツ式の問題が150問出題されます。試験用紙を事務室より郵送される試験監督がいない自宅での受験となります。テキストを見ずに制限時間を守って行うことが期待されています。(過去にコース修了認定証を受け取っている生徒は免除されます)

 

各学期の初めに過去にクラスで行われた、誘導瞑想の実況録音盤の録音のアドレスが配給されます。(このサービスは無料で提供されているものです。このアドレスを受講していない方へ教えることなど、二次配布は厳禁です。)

 

¥24,000
カートに追加
  • 在庫あり

ヒーリングコース・ヒーリングクラス通信講座のお申し込みはこちらから。

English
English
中国語
中国語