※初めて参加される皆さまへ

全て18歳以上の方が対象となります。()カッコ内は会員価格です。

開催会場の詳細につきましては、ご入金が確認できしだいご連絡いたします。

お申込が最少人数を下回った場合、開催が見送られる場合がありますので、

予めご承知おきください。

中部地方:名古屋

トランス 名古屋

トランス 名古屋

 

4/15(土) 18:00〜21:00

参加費:8,000円(会員6,400円)

講師:開堂 慈寛

 

トランスは、入神ともいわれ、光の世界との架け橋となっている状態のことを指します。私達光の奉仕人は、多かれ少なかれ、光の世界との架け橋を意識しながら生きていますが、このワークショップでは、光の世界を最も身近に感じることを目標とします。

トランスは、日本では「入神」または「神懸かり」と呼ばれたりしますが、トランスには軽い段階から深い段階まであり、別名を「意識の変わった状態」(Altered State of Consciousness)とも言い、厳密には意識の変化の全ての状態がトランスの定義に入ります。

 

トランスには、主に喉とハートのチャクラが使われると言われていて、最初の段階は軽い睡眠の状態で、そこでは霊媒はまわりで起こっている出来事が全て分かっています。第二の段階はさらに意識が深くなり、霊媒はその場の音が遠くで聞こえているように感じられます。第三の段階では、霊媒の体が完全に霊にコントロールされます。

 

トランスは、別名をサマーディともいい、この状態の時、人は光の世界とつながり、多くの人が至福を体験すると言われています。サマ-ディは、ほかにも「集中」という意味もあり、人は純粋となり集中すると、生きていながら光の世界とつながり、至福を体験することが出来ます。この世で最も幸せな生き方は、24時間、サマーディの状態で生きることであると言われています。つまり光の世界と一体化し、光の世界とつながったまま生きることです。ここに悟りの秘密があります。

 

トランスは、もっとも聖なる生き方であり、人はみなトランスを体験する権利があります。人はみな、至福を経験する権利があるのです。あなたもこのワークショップに参加して、トランス、サマーディ、無の境地など、高次元の世界の一部を体験して下さい。トランスの実習のときは、実習者が深いトランス状態に入っている時があり、音、光など非常に敏感になっているので、大きな音や衝撃を、実習者に与えることは大変危険です。周りの人は十分気をつけなくてはいけません。ですから気心の知れた、信頼できる参加者だけで、トランスの実習を行うのが理想的です。調和がないとよい結果がうまれません。

 

また、トランスの実習には、強くて平和なエネルギーが必要とされるので、体、心、精神が疲れている方や、体調や気分の優れない方には向いていません。当日、気分が優れなかったり、体調に自信のない方は遠慮なくキャンセルしてください。他の参加者の迷惑にもなるので、とくに風邪などをひいていて、咳き込みやすい方はご遠慮ください。ワーク開始以後でも、開堂講師が休んだ方が良いと判断した参加者には、退席いただくことがありますので、前もってご了承ください。(体調不良で、前日または当日、キャンセルした場合、参加費は全額返金いたします。)

 

どなたでもご参加いただけます。

 

お申し込み受付中

¥8,000
カートに追加
  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1
English
English
中国語
中国語